AGAの治療効果はない?効果を感じるまでの期間や効果が早い人の特徴を出やすくする方法を解説!

この記事では、AGA治療は本当に効果があるのか、効果が出るまでの期間や効果が早い人の特徴を紹介します!効果や副作用も解説したので気になる方は参考にしてくださいね。

AGA治療薬の効果はない?
▽効果を出やすくするには▽

短期間で効果は出ない
AGA治療は長期間の治療が必要になります
「AGA治療の効果が感じられなかった」という方の中には、効果を感じる前に治療をやめてしまった方が多いようです。

AGA治療を途中でやめてしまう方の原因としては

根気強く長期的に治療を続ける
AGA治療の効果を実感するには、AGA専門のクリニックを受診し、根気強く長期的に治療を続けることが重要です
※AGA治療の効果が感じられていない方は、効果が出るまでに時間がかかっていたり、正しい治療法や薬を選べていない可能性が高いです。

AGA治療はどれくらいの期間
効果を感じられるのか▽

▶ヘアサイクルが重要!
効果を感じるまでには、早い人でも3ヶ月、通常だと半年程はかかります髪の毛が生え変わるヘアサイクル(毛周期)が深く関わっています。ヘアサイクルについては後程詳しく解説します。※AGA治療はすぐ効果がでるものではありません。

AGA治療の効果が
▽出るまでのイメージ▽

▶開始~1カ月『-注意-』
効果を感じているように感じない
基本的には1か月では効果は感じれません。やめないように注意
▶1カ月~3カ月目『-注意-』
古い毛が抜け落ち、
一時的に薄毛が進行したように見える。
ヘアサイクルを正常化するため初期脱毛です。ここでやめないように注意!
▶4カ月~6カ月目以降
発毛・髪が太くなる・密度が濃くなる
髪にコシが出るなど『効果を感じ始める

※そもそも即効性がないという理由は、ヘアサイクルが正常になるまで時間がかかってしまいます。AGA治療は長期戦になります。
参考:日本皮膚科学会ガイドライン2017年版

AGA治療の効果を感じれた方は▼

治療開始後3ヶ月程で抜け毛が減ったと感じ、5ヶ月程で毛が増え始めたと感じた方が多いようです。半年〜1年程は継続するつもりで治療の計画を立てましょう。
治療中、副作用や金銭的にしんどい場合は、すぐ医師に相談してくださいね。

▽今なら初月0円で始められる▽
金銭的にも時間的にも安心のクリニックフォア出典:クリニックフォア

AGA治療の効果を実感するには
『ヘアサイクルのリセット』が鍵

▶髪の毛は『成長期』『退行期』『休止期』の3つのサイクルで構成されています。

成長期
髪が細胞分裂し成長する段階。成長期の髪は全体の85~90%とされている。
退行期
細胞の働きが低下し髪が成長しづらくなる段階
休止期
髪の成長が止まっている段階
2〜3ヶ月続き、休止期の髪は全体の10~15%とされている。

ヘアサイクルは、成長期は3〜5年程と言われています。乱れてしまうと数ヶ月〜1年程とかなり短くなってしまいます。
※成長期が短いと、髪の毛は十分に発達する前に退行期に入ってしまうので、細く短い髪の毛になってしまい、抜け落ちやすくもなってしまいます。

頭髪の生え変わりのサイクルは、毛髪が伸びる成長期(2~6年)から退行期(2~3週間)を経て、成長が完全に止まる休止期(3~4か月)に分類されます。通常状態では、休止期から成長期に移行する際に毛が抜け、新たな毛が生えると考えられており、成長期毛は全毛髪の90~95%、休止期毛は5~10%、退行期毛は僅かに存在し、1日平均50~70本程度が抜けることが知られています。
引用:大正製薬「ミノキシジルの発毛効果に関する治験を開始|

AGA治療は効果が出たら
治療終了ではない…

AGA治療は継続が大事!
⚠薬をやめてしまうと再び薄毛になってしまう可能性が高いです
※AGAは5αリダクターゼの働きを止めなければ進行し続ける進行性の脱毛症であるためです。

やめるタイミングはどうしたら??

▶効果を感じてもいきなり治療をやめるのではなく、医師と相談して今後の治療方針を決めるのがいいです。

▼AGA治療を始める前に医師を探す▼
探してみる人はこちら

AGA治療の
効果がないと感じる
▽4つ原因▽

効果がないように感じる原因①
薬の服用の仕方が正しくない

▶AGA治療薬の飲み忘れ
薬の種類にもよりますが、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬は効果の持続時間が24時間程と言われているため、飲み忘れるとその分抜け毛のリスクが上がってしまいます

まとめての服用はダメ!
飲み忘れた分を翌日まとめて服用することはやめましょう。効果が2倍になったり飲み忘れた分を帳消しできる訳ではありませんし、副作用のリスクも上がってしまいます。普段から飲み忘れのないよう目の届くところに置いたり、リマンドを設定したりといった工夫をしてみましょう。

効果がないように感じる原因②
AGA治療・薬が合っていない

合わない場合ももちろんある
体質や持病に配慮した薬を選ぶことも重要です。改善したいお悩みや不安な点がある場合は医師に相談しましょう。

※AGA治療薬には様々な種類があり「あの薬だと効果が出なかったどこの薬では効果が出た」なんてこともあり得ます。価格も含め、医師とカウンセリングでしっかりと話し合ってお薬を決めましょう。

効果がないように感じる原因③
AGA治療を途中で放棄した

再度進行する可能性有り
AGA治療は治療を継続すれば薄毛の進行を予防し発毛を促すことができますが、薬の服用をやめると再びAGAが進行してしまう可能性が非常に高いです。

※服用をやめるタイミングは自分の目標と合わせて医師と相談して決めるようにしましょう。
参考:PRtimes|10年後に後悔しないためにすべきことって?

【関連記事】
AGA治療後悔したこと5つと後悔しない為のポイント!

効果がないように感じる原因④
AGA以外の症状の可能性がある

▶実は原因がAGAではないというパターンも!
AGA以外の抜け毛・薄毛の疾患▼
  • 脂漏性皮膚炎
    脂漏性皮膚炎とは「皮脂の分泌が多い場所に皮膚が炎症を起こす状態のことです。頭皮の炎症のせいで髪が抜けてしまうことです。
  • 円形脱毛症
    円形脱毛症とは、円形や楕円形の脱毛斑が突然生じる疾患です。頭部全体から体毛全てまで範囲は様々です。
  • 牽引性脱毛症
    牽引性脱毛症とは、髪が引っ張られて髪が抜けたり、血行不良によって髪の成長が妨げられたりする病気です。

▶脱毛症の種類によって治療法や対処法も変わってきます。継続してAGA治療をしていても効果が感じられない場合は、他の疾患も疑ってみましょう。

AGA治療効果の
▽実感が早い人の3つの特徴▽

効果の実感の早い人の特徴①
早期治療に踏み切った

AGA予防薬もある!
AGAの兆候や遺伝でAGAになりそうなら予防薬を飲むのも良いです早く治療を開始すれば進行を食い止めることができ、治療効果も実感しやすいと言えます。

▶早く効果を実感したいなら、AGAかと思ったらすぐに治療を開始することが得策

▽今なら初月0円で始められる▽
予防薬なら1日あたり55円で予防できる出典:クリニックフォア

効果の実感の早い人の特徴②
複数の治療を行っている

複数のAGA治療薬の組み合わせは、医師と相談して行いましょう。ここでは各薬の特徴を把握しましょう。

内服薬・外用薬

フィナステリド
内服薬
ミノキシジル
内服薬
ミノキシジル
外用薬
使用の
仕方
服用する 服用する 頭皮に直接塗る
効果
の実感
発毛よりAGA予防
に近い
血中から
なので外用薬
効果の実感高め
発毛より育毛に近い
日本
皮膚
科学会

評価
おすすめ度
Bランク
おすすめ度
Aランク
おすすめ度
Dランク
それ
ぞれ
の特徴
クリニックの独自薬に
配合される傾向がある
基本的に単価が安く
続けやすい
クリニックの独自薬に
配合される傾向に
2.5mg/5mg/10mg…
※高濃度ほど高額
濃度1~5%
発毛剤として市販
濃度5%以上
クリニックで医師が処方

◆AGA予防薬
・プロペシア(フィナステリド)
・ザガーロ(デュタステリド)
プロペシアとザガーロは抜け毛を抑える「守り」の薬です。

参考:pieronline|男性型脱毛症治療における服用

内服薬の仕組み
ジヒドロテストステロン発生の原因となっている 5αリダクターゼには I 型と II 型とが存在します。フィナステリドはⅡ型のみに阻害効果がありますが、デュタステリドは I 型と II 型の両方に阻害効果が認められています。デュタステリドはフィナステリドの1.6倍もの増毛効果が期待できると言われています。

◆治療薬
AGA治療薬にはミノキシジルなどがあります。ミノキシジルは発毛を促進させる「攻め」の薬と言われています。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルが処方されることが一般的です。外用薬のミノキシジルは、頭皮に直接塗布して使用します。すると毛母細胞が刺激され、発毛や髪の毛の成長を促す作用があることが認められています。

ミノキシジル外用薬の詳細
外用薬は効果がゆるやかな分、内服薬より副作用が起こりにくいことが特徴です。内服薬に抵抗がある方や体質や持病の関係で内服が難しい方も使用できる薬です。ちなみに、日本皮膚科学会のガイドラインでは、AGA治療におけるミノキシジル外用薬の効果は最高Aランクと評価されています。

メソセラピー

▶即効性があり、副作用がほとんどないことが特徴
メソセラピーは、発毛効果のある薬を頭皮に注射器などで注入する治療法です。メソセラピーは内服薬の補助としてより効果を高めたり、効果が発揮される時期を早める為に使用されます。

注入治療の特徴

注入治療は主にメソセラピーHARG療法があり、メソセラピーは薬液をクリニック独自にブレンドできることが特徴であり、ミノキシジルや栄養素などが含まれています。HARG療法はHARGカクテルという日本医療毛髪再生研究会によって配合成分が決められた薬液を使用します。

自毛植毛

▶拒絶反応や副作用がないことが特徴です。自毛植毛は、自分の髪を頭皮ごと薄毛の部分に移植する治療法です。自身の髪や頭皮を移植するので、AGAを根本的に解消できる可能性があります。

自毛植毛の詳細

移植は後頭部から行われることが多いですが、その理由は
『後頭部が薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの影響を受けにくい』
『採取しても目立ちにくい』からです。
移植後の部分でも後頭部と同じように髪の毛が成長してくれます。AGAの根本改善を目指したい方は検討してみてくださいね。

効果の実感の早い人の特徴③
内服薬と外用薬をセットで取り入れている

外用薬との併用療法がより効果が出やすということで推奨されています。

内服薬で脱毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制しながら、外用薬で発毛を促すことで、早く大きな効果が期待できます。つまり薄毛予防と発毛促進を同時に進められるということになります。

※ただし、薬を併用するときは副作用や飲み合わせに注意が必要です。自己判断で薬を使用せず、きちんと医師に相談しましょう。

AGA治療は
どれくらいの料金がかかるのか

料金相場は
予防薬なら1,800円~3,000円
治療薬なら9,000円~30,000円

AGA治療にかかる費用は
月々5,000円〜30,000円程度が相場と言われています。

◆各治療の料金相場
内服薬:月額3,000円〜15,000円程度
外用薬:月額10,000円〜15,000円程度
注入薬:1回あたり20,000円〜60,000円程度
自毛植毛:1回あたり300,000円〜2,000,000円程度

※AGA治療は長期継続することが大切になってくるので、予算も含めクリニックで治療プランについてしっかりと相談しましょう。

【関連記事】
AGA治療の費用相場は?薬ごとの費用や安く治療できるコツを紹介!

※AGA治療は保険適用が効かない

AGA治療は保険が適用にはなりません。
AGAは髪の毛の元気がない状態ではありますが、それが原因で健康被害が出ることはありません。

「いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する」
引用:国税庁所得税基本通達 法第73条《医療費控除》関係

注意!
同じ治療内容や同じ薬でも『クリニック』によって価格が異なることがあります。AGA治療は保険適用外の自由診療治療なので、を始める前に比較しておきましょう。

AGA治療の効果は
▶長期間かかるから継続が大事!

いかがでしたでしょうか?
本記事では「AGA治療は本当に効果があるのか」「効果が出るまでの期間」などについて解説しました。

AGA治療は自由診療となるので、治療法や料金はクリニックによって様々です。最近では無料で初診やカウンセリングを行っているクリニックも多いですし、AGA治療は長期的に継続することが大前提となりますので、この記事を参考に治療法や料金など自分に合ったクリニックを探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。