大阪で低用量ピルの処方ができるクリニック4選|梅田・心斎橋エリアでも可能なオンライン診療も紹介

この記事では、大阪ピルを処方してももらえるか迷っている方の為に、大阪で低用量ピルを処方されるクリニックを紹介していきます。

※この記事の詳細情報は作成時点のものです。最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください
※掲載のクリニックについては編集部による集計、調査により推薦したものになります
※監修者掲載の記事について、監修者はコメントの監修を行っており、クリニックを選定したものではありません
※記事記載の効果効能、痛みなどについては個人差があり保証するものではありません
※記事掲載の商品、施術については自由診療、保険診療適用外になります
※価格は全て税込価格になります

大阪のどこでも低用量ピルが
☆処方されるオンラインクリニック比較4選☆

 
クリニック クリニックフォア スマルナ ネオクリニック
オンライン 診療

オンライン可

オンライン可

オンライン可

低用量ピル 料金 (税込) 月額 2,783円
※定期便じゃない場合3,278
月額 2,380円
※上記12ヶ月一括プランの 1シートおくすり代
(送料含む)
月額 3,500円
1日当たりの 料金 1日あたり:92
※定期便じゃない場合109円
1日あたり:143
1日あたり:117円
最短配送 最短当日配送 翌日配送 翌日配送
当日診察 当日OK 当日OK 当日OK
初診料 初診察料1,650
※配送料550円
初診察料1,500
※配送料はおくすりの値段に含まれております
初診察料1,000
※再診500円
決済方法 クレジットカード
コンビニ支払い
LINEPAY
郵便局・代金引換
クレジットカード
NP後払い
銀行振込
他と違う おすすめ ポイント
品名が『お品物』で配送
診察にアプリを使用
アプリダウンロード数70万突破
手軽な電話診療
夜23時までの対応
公式サイト

※料金はすべて税込表記

低用量ピルの危険な副作用はある?

低用量ピルは副作用が少ない
5%程度『吐き気・下痢・腹痛・不正出血』
▶0.5%~5%『だるさ・口内炎・むくみ・血圧上昇・動悸・食欲不振・めまい・気分が落ち込む』
ピルの種類を変更することで、副作用が改善されることもあります。症状が重い、長引くといった場合は医師に相談してみてください。

参考:バイエル薬品女性のライフプランニングとピルの副作用

大阪のピルが処方される
人気クリニック4選

大阪の自宅や仕事場にいてもすぐ届く
クリニックフォア


出典:クリニックフォア

 
料金
2783円(税込)
※定期割引15%適応済み:通常価格は3,278円
診療
初診でもオンライン診療OK
土日・祝日診療 9:00〜20:30
お薬発送
当日発送可能
種類
低用量ピル
※マーベロン・ファボワール・トリキュラー・ヤーズフレックス
ラベルフィーユ・アンジュ・ルナベルULD・フリウェルULD
中用量ピル

大阪でもクリニックフォア
が人気な理由

  • 自宅へ早いと翌日に到着
    クリニックフォアのオンライン診察は、まず好きな日にちを選んで事前問診を記入します。それからドクターによる診察を受けてから決済という流れとなりますが、早ければ翌日には自宅に届くのでピルが切れそうな時に大変便利です。送料は550円となっています。
  • 初めて利用の人でも可能
    クリニックフォアでは初めて利用する人でも、ドクターの診察を受診すればピルが手に入ります。2回目以降でも前回の診察から1年以内でであれば、問診に記入して決済するだけで同じ薬を追加配送をしてくれます。

 


\定期便で便利/

大阪でピルを処方してもらうなら
茶屋町レディースクリニック心斎橋


出典:茶屋町レディースクリニック

オンライン診療初診でもオンライン診療OK 土日診療OK
10:00〜13:00・15:00〜19:30 
※初診の最終受付は終了時間の30分前
お薬発送最短数日発送
ピルの種類シンフェーズ
マーベロン
ファボワール
トリキュラー
アンジュ
ラベルフィーユ
料金トリキュラー28:2,300円
マーベロン28:2,300円
ファボワール28:2,200円

大阪で茶屋町レディースクリニック
が人気な理由

  • 保険適応のピルを5種類から選ぶことができる
    費用が気になる方でも保険適応されているピルが5種類あります。そのため、自分に合ったピルを処方してもらうことができます。
  • ピルの専門スタッフがトラブルへの対応や飲み方の指導をしてくれる
    茶屋町レディースクリニックでは、ピルに対して専門のスタッフがいるので初めての処方やトラブルが起きた時にも飲み方の指導やトラブルへの対応をしてもらえます。

 

\親身に相談ができる専門外来/

茶屋町レディースクリニック心斎橋の情報

住所 大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル4F
診療時間 10:00〜13:00・15:00〜19:30
最寄り駅
[地下鉄御堂筋線]梅田駅~徒歩3分
[阪急]梅田駅~徒歩1分
[JR]大阪駅~徒歩8分

 

\親身に相談ができる専門外来/

大阪でアプリで処方される
スマルナ

出典:スマルナ

 
オンライン診療 オンライン診療OK
※アプリ登録で診療
お薬発送 ポストに投函
最短翌日発送
ピルの種類 ・低用量ピル
・中用量ピル
・アフターピル
・超低用量ピル
こんな人に人気 初めてピルを処方してもらう人
1年分処方してもらいたい人

大阪でスマルナが
人気な理由

  • アプリでの診察
    スマルナでは、アプリから診察して低用量ピルが自宅に届きます。ポストに投函されるので、対面の受け取りが難しい忙しい人にもおすすめのアプリです。
  • 配送をお知らせしてくれる
    スマルナではピルの発送が完了したらスマルナに登録したメールアドレスへ、ヤマト運輸よりメールが届きます。配送状況も確認ができるので、いつ届くのが分かって便利です。

 


\アプリ登録で診察/

心斎橋レディースクリニック


出典:心斎橋レディースクリニック

オンライン診療オンライン診療OK
10:00 - 19:00 
休診日:月曜・水曜
お薬発送最短翌日発送
ピルの種類低用量ピル
アフターピル
こんな人におすすめ・しっかりと診察を受けたい人
・妊娠や病気の心配がある人

心斎橋レディースクリニックが人気な理由

  • オンライン診療で処方してもらえる
    心斎橋レディースクリニックは、ビデオチャットでオンライン診療を行っています。しっかりとした診療を受けながらクリニックに来院することなく処方してもらえるので、お仕事などで忙しい方にもおすすめです。
  • ピルがプライバシーを考慮した名前で送られてくる
    心斎橋レディースクリニックでは、プライバシーに配慮し、クリニックの先生の名前でピルが送られてくるので家族や同居人に知られることはありません。

 

\土曜日・日曜日・祝日も診療可能/

心斎橋レディースクリニックのクリニック情報

住所 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目10-12
トレスビル8階
診療時間 10:00~19:00
最寄り駅 大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅2番口より徒歩1分

 

 

\土曜日・日曜日・祝日も診療/

大阪でピル処方のクリニックを
選ぶときのポイント

たかがピルといえども、しっかりしたクリニック選びをしなければ、使用方法すら適当に説明されてしまうこともあるようです。金額面でも1つのクリニックで決めてしまうより、それぞれ比較した方が自分に合ったクリニックを見つけられるでしょう。ここでは以下の5つのポイントを押さえていきます。

  • 相場の値段と比べてどうか
  • オンラインでもリスクや副作用を説明してくれるか
  • 土日・祝日、平日遅い時間でも対応してくれるか
  • ピルの種類が豊富か

相場の値段と比べてどうか

通販専門のクリニックや婦人科などでは、値段がかなり変わってきます。診察料込みの場合は相場よりも少し高くなってしまうこともあるようです。

ただ、少し高くなっても信頼できるクリニックで処方してもらうというのも良いでしょう。

通販だけ場合、診察やカウンセリングをしっかり行ってくれる上で、どのくらいの値段になるかを比較しておきましょう。

低用量ピルの場合、ほとんどが28錠タイプで1シートになっています。1週間だけという購入の仕方はできないため、クリニックのほとんどが低用量ピルの購入条件として1シートか2シート以上となっていることが多いです。

自由診療の場合、低用量ピルの相場が約3,000円前後となっています。ただし、こちらの金額はお薬代のみですので、クリニックによって診察料や送料などが別途必要となる可能性があることを頭に入れておきましょう。

さらに国産や外国産ピルなどによっても金額が変わってきます。

日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
引用:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

オンラインでもピルのリスクや副作用を説明してくれるか

オンライン診療は自宅にいながら病院の診察が受けられるサービスです。はとても便利なのですが、「カウンセリングが手抜きになりやすいのでは」という口コミも多く見受けられます。

オンライン診療は待ち時間があまりないことが多く、自由診療だけではなく保険診療にも対応しているピルもあるという点がメリットです。その反面、オンライン診療は使い慣れない人は難しいなどのデメリットもあります。

対面ではなく、映像を通じての診察となるため、リスクや副作用をしっかり伝えてくれるかがポイントです。

どうしても通常の業務と併用しているクリニックでは、直接来院する人に重きを置いてしまい、オンライン診療が疎かになってしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも、自分からリスクや副作用などを聞くのも一つの手です。

土日・祝日、平日遅い時間でも対応してくれるか

オンライン診療が中心のクリニックの場合は、24時間受付していることも多いですが、街のクリニックなどは同じ診察時間で終了する場合もあります。

ピルがなくなりそうだと気づいた時でも、すぐに対応できるようなクリニックもあります。なるべく、土日や祝日、平日の遅い時間に対応しているかを確認しましょう。

または、定期便で購入できるところや、即日配送してくれるようなクリニックを選ぶことも大事です。

ピルの種類が豊富か

クリニックによってはピルが2種類しかなかったり、8種類あったりとまちまちです。種類が少ないと選択肢が減ってしまうので、自分に合う低用量ピルが見つからない可能性があるかもしれません。

超低用量ピルと合わせるとさらに選択肢が増えますが、オンライン診療ではドクターが自分に合ったピルを提案してくれます。種類がたくさんあればその分納得できるものが見つかりやすいでしょう。

大阪でピルを処方される時に
保険適用になる場合は?

低用量ピルを購入する際は、医師の診察が必要となりますが、保険適応になる場合とならない場合があります。

  • 保険適用になる場合
    医師から月経困難症や月経前症候群(PMS)子宮内膜症などの「病気」であると診断された場合
  • 保険適応外の場合
    避妊目的で低用量ピルを使用する場合はならない

保険適応の場合は月経困難症や月経前症候群などが認められた場合ですが、月経前症候群は、生理中の頭痛や下痢、吐き気などが起こることです。これらは問診や内診、超音場検査や血液検査によって医師が判断します。

そのため、避妊だけを目的とするピル処方は保険適応外になることがほとんどです。

大阪でピルを処方されるなら
オンラインが楽でいい

少し前までは、オンラインでの診療は珍しく、クリニックに足を運ばないと処方してもらえなかったり、現在でも数か月に1回来院しないと処方してもらえない産婦人科もあります。
そこで今回は、オンライン診療で診察を受けることのできるクリニックを紹介したので、大阪のオンライン診療のできるクリニックはもちろん、ピルの種類やクリニックの選び方もチェックしてみてくださいね。