冬のワンポイントアドバイス

皮膚科専門医より、冬のワンポイントアドバイス。

乾燥肌の湿疹

冬は空気が乾燥し、加えて暖房などで更に乾燥肌が進みます。
本来は肌が乾燥しやすい高齢者(肌の表面のバリア機能の低下に伴い)に多い病気ですが、最近では若い人にも見られます。

乾燥により、皮膚がかさつきやかゆみが起こり、掻くことで肌の状態が悪化します。
肌の状態が少しも改善されないまま放置し、掻きむしってしまうとその部分がカサカサしたり、赤くなったりして更にかゆみを生じさせるという悪循環を引き起こし、「皮脂欠乏性湿疹」と言う皮膚疾患に進行してしまいます。

皮脂欠乏性湿疹はすねや太もも、腰、脇腹などを中心に強いかゆみが生じ、慢性化して黒ずみの原因にもなります。

【予防】
乾燥肌のうちに対策をする事で湿疹は防げますので、
次のような点に注意しましょう。

○冬のかゆみに対しては、できるだけ皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。
保湿剤で乱れた角質を整えて、皮膚の表面に膜を作り外部からの刺激や水分の蒸発を防ぎます。

○熱い湯に長くつかると、必要な皮脂膜や皮脂を取り除き、皮膚の表面を荒れさせる原因となるため避けましょう。
また、体を洗う時は手のひらでやさしく洗うようにし、角質が乱れないようにします。

○衣類は肌を締め付けすぎないものを着用し、化繊など肌を刺激する素材は避けましょう。

○栄養バランスの乱れは、乾燥を悪化させてしまうこともあります。ビタミンやミネラルをバランス良く摂る事が大事です。
また、不規則な食生活も乾燥肌を悪化させる原因となります。

湿疹があらわれた初期段階でステロイド外用剤を使用するなどの対処で、
短期間での治癒が可能となります。お早めにご相談下さい。

冬の手荒れ

冬は気温が低下するため、皮脂の分泌量が減少します。
その結果、肌を守る皮脂膜ができにくく、皮膚の水分が保てなくなり手荒れが生じます。
更に水仕事(お湯や洗剤(合成洗剤)は更に皮脂膜を洗い流しやすい)で、
皮脂膜がはがされ手荒れが悪化します。

1)乾燥により、手の甲や指先にカサカサする症状が現れる

2)カサカサする症状が悪化すると、湿疹や痒みの症状が現れる

3)さらに悪化すると、ひび割れや痛みなどの症状が現れる

【予防】
○手荒れの症状が現れた場合には皮膚の保湿ケア(ハンドクリーム等をぬる)に心掛け、皮膚が乾燥しないようにしましょう。

○水仕事の際はできるだけお湯を使用しないようし、皮膚にやさしい手袋をする。

○使用する洗剤は、合成界面活性剤が含まれていない物を使用し、水仕事の後はよく洗剤を洗い流し、しっかりと手の水分を拭き取る。

○入浴時のシャンプー・リンス等も皮膚に刺激を与えないものを使用する。

○就寝時には保湿用ハンドクリームを塗り、皮膚にやさしい手袋をする。

初期段階の適切な対処で、短期での治癒が可能となります。
また、保湿ケアに関してもご相談下さい。

しもやけ(凍瘡-とうそう)

みみたぶ、手足など、末梢部が寒冷にさらされて、皮膚の血行障害を起こし、皮膚に鬱血(うっけつ)を生じ、しもやけになります。
重症の場合は、水膨れや潰瘍なることもあります、。

【予防】
○寒冷刺激を受けないように外出時は、耳あて、手袋、靴下などで防寒を努めましょう。
また、靴などは血行を妨げさせないものを身につけましょう。

○足は汗をかきやすいので靴下が湿っぽくなります。
湿気のある靴下で寒いところにいると皮膚の温度は急激に低下し、皮膚の血行障害を起こします。湿気を帯びた靴下はとり替えましょう。

○寒冷刺激を受けたあとには手足をマッサージしたり、暖房機器で暖めましょう。

赤みが取れず、かゆみが有ったり、痛みが続く場合はご相談下さい。
かゆみが強いときはかゆみ止めを使用します。治療薬には塗り薬、飲み薬があります。
末梢血管拡張剤(ユベラなど)を投与しますが、びらん面が感染症状があったり、潰瘍を形成している場合は抗生剤を内服します。

sor0021-010

夏のワンポイントアドバイス

皮膚科専門医より、この夏のワンポイントアドバイス。

赤ちゃんのあせも

汗腺の数は大人と同じなのに、表面積が小さく、新陳代謝が活発な赤ちゃんはとても汗っかきです。

汗腺の出口が詰まり、汗が皮膚表面に出られず、汗管に溜まってしまい発症します。

特に汗をかきやすい部位、頭・おでこ・首のまわり・背中・わきの下などに出来やすくなります。
あせも対策で大切なのは、肌を清潔に保つ事と保湿です。汗をかいたらなるべく早めに拭き取ってあげてください。

汗をかいたあとの肌は傷つきやすいので、乾いた布でこすらずに、清潔な濡れタオルで軽く抑えるようにふき取ってください。
また汗をシャワーで洗い流すのも効果的です。

軽度の症状(小さな水泡状の白っぽいブツブツ)は、汗をこまめに拭くなど患部を清潔に保つことで自然消滅します。

赤ちゃんの肌は夏でもとても乾燥してますので、入浴後は乳液タイプのローションでしっかりと保湿しましょう。

あせも用の市販薬や、皮膚科受診後に薬を処方された場合は、保湿剤と薬は役割が異りますので、最初に保湿をしてから薬を使用するようにしましょう。

虫さされ

防対策として、野外活動の際には肌を露出しないことが重要です。
また、携帯用蚊取りや、防虫スプレ-などの忌避剤を用いることで、ある程度の防除は可能です。

なお、虫除け剤は、小児に対する使用上の注意点として、

■顔には使用しないこと
■生後6ヶ月未満の乳児には使用しないこと
■2歳未満の幼児では1日1回の使用にとどめること
■2歳以上12歳未満の小児では1日1~3回の使用にとどめること

などがありますので、必要に応じて適切に使ってください。

サンスクリーン(日焼け止め)について

日焼け止め(サンスクリーン)
皮膚に当たる紫外線をブロックすることによって、日焼けや皮膚の老化を予防します。

紫外線防止を目的とするサンスクリーンには、その効きめの指標としてSPFとかPAがあります。

SPFとは紫外線B(皮膚炎をおこし赤くなる)から皮膚を守る強さの事で、
簡単にいいますとSPF20というのはサンスクリーンをつけると、
つけない時に比べて同程度に日焼けするのに20倍時間がかかるという意味になり、
素肌で日に当たると30分で日焼けがおきる場合、
SPF20のサンスクリーンを便うと日焼けするまでに600分かかり、10時間有効だといえます。

SPFは最近100以上のものも出てきていますが、30以上あればさほど効果に違いは無いと言われています。

PAとは紫外線A(皮膚を黒くする)から皮膚を守る強さで(+)~(+++)で表示されます。最近ではこの両方の表示をするように指導されてきています。

白い皮膚を保ちたい時は紫外線AとBの両方を防止するものを使いましょう。

sor0021-009

夏に関連したページ

はじめての方へよくあるご質問

はしか(麻疹)

注:当院では予防接種は行っておりません。

はしか(麻疹)の原因

麻しんウイルスの感染経路は、空気(飛沫核)感染、飛沫感染などの経路があります。

その感染力は非常に強く、不顕性感染(感染はしても発症しない=症状がでない)はほとんどなく、感染した90%以上の人が発症します。

はしか(麻疹)の症状

感染してから約10日後(潜伏期ののち)に発熱や咳、鼻水といった風邪と似たような症状で発症します。

38℃前後の発熱2~4日続いた後、その後、体温は1℃程度下がり、その後半日くらいのうちに、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現し、熱が下がるとカサカサし色素沈着を残して治ります。

肺炎、中耳炎を合併しやすく、全体では30%にも達するとされます。また、頻度は低いものの脳炎の合併例もあります。

はしか(麻疹)の予防

麻しんワクチンの予防接種が有効です。

はしか(麻疹)の治療

効果的な治療は無く、症状を和らげる対症治療になります。
解熱後3日まで登校はできません。

3日はしか(風疹)

注:当院では予防接種は行っておりません。

3日はしか(風疹)の原因

風疹ウイルスによる飛沫感染です。

風疹の症状

潜伏期間は2~3週。
初期症状は微熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、口腔内の点状出血斑で、典型的な3症状は紅色斑丘疹、発熱、頸部リンパ節腫脹です。

顔、耳後部から、赤く癒合性のない点状の紅斑(発疹)が全身に広がり、多くは3~5日程度で消えます。(20~25%は発疹が出現しません)。

発症者の約25~50%に、3日程度続く発熱がみられます。

耳介後部、後頭部、頚部のリンパ節の腫れが発疹出現5~10日前から数週間にわたりみられます。

眼球結膜の軽度充血や、肝機能障害が見られる場合があります。

風疹の予防

予防接種は生後12~24か月未満の間に1回、小学校入学前の1年間に1回の計2回、麻疹ましん[はしか]・風疹ふうしん[3日はしか]混合ワクチンを接種します。

また感染しているお子さんは、妊婦さんに近づけないようにしましょう。

風疹の治療

麻疹(はしか)に比べ症状は軽く自然に治ります。特異的な治療法はなく症状を和らげる対症療法のみですが、発熱、関節炎などに対しては解熱鎮痛剤を用いることがあります。

発疹が全て消失するまで登校はできません。

シラミ・ケジラミ

シラミの原因

保育園、幼稚園、小学校で感染する子供が殆どです。

頭ジラミが増えた理由は海外旅行が増え、海外から持ち込まれる、シラミを知らない保護者が多く、感染に気がつかない事などが考えられています。頭ジラミは頭皮に寄生します。

接触や、帽子、タオルの共有、プールなどの脱衣所などで衣類を介しての感染もあります。

シラミの症状

頭部の痒みです。とくに後頭部、側頭部の痒みが強くこの場所に頭ジラミの卵も多く見られます。
診断は頭髪の卵、虫体を顕微鏡で見て判断します。

シラミの治療

駆除用シャンプー(スミスリン)と専用櫛を使います。

即効性がありますが、卵には効果がないので、卵は駆除用の櫛で梳き取る必要があります。

使用にあたって、次の注意が必要です。

■使いすぎに注意してください。皮膚のかぶれや、髪が傷んだりします。規定量・頻度を超えて使うべきではありません。

■シラミが寄生していないのに、予防として使うべきではありません。

■卵は駆除用シャンプーでは駆除できないので、専用櫛で梳き取ります。

ケジラミの原因

ケジラミ症は体長約1mmのケジラミという虫が陰毛に寄生することによって生じます。

ケジラミは通常、性行為の際に人から人へうつり、陰毛に足をからませながら生活し、皮膚から吸血します。

ケジラミの症状

通常、陰部のかゆみが出ますが自覚症状がない場合もあります。また、時には陰毛以外にまつ毛、胸毛、腋毛などに寄生することもあります。

ケジラミの治療

フェノトリン(スミスリン)パウダーを散布し、約1時間後に入浴します。

このパウダーは卵には効果がないので、順次孵化してきた幼虫を殺すために3日に1回散布し、これを3~4回くり返すとシラミは全滅します。

パウダー以外にシャンプータイプもあります。フェノトリンはピレステロイド系の殺虫剤で、虫に対して致死効果が高く、人畜に対する毒性が低いので安全性が高いので、殺虫剤の成分として広く用いられています。

正しく使用すればかぶれることはありません。