全身型ナローバンドUVB照射機器

ナローバンドUVBとは


炎症性の皮膚疾患や白斑を治す方法として近年注目されている光線療法のひとつで、アトピー性皮膚炎や乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、類乾癬のほか、結節性痒疹や円形脱毛症にも効果が期待できる治療法です。

ナローバンドUVB治療は、国からも効果と安全性が認められており、上記のほとんどの疾患で健康保険が適用されます。

    適応

  • ○アトピー性皮膚炎
  • ○乾癬
  • ○白斑
  • ○掌蹠膿疱症
  • ○類乾癬
  • ○結節性痒疹
  • ○円形脱毛症
  • ナローバンドUVB治療は、海外では乾癬やアトピー性皮膚炎などの治療に一般的に使われており、日本でも効果と安全性が認められております。
  • アトピー性皮膚炎や乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、そして類乾癬などの疾患で健康保険が適用されます。
  • 従来の外用薬であまり効果がみられなかった方やステロイド自体に抵抗がある方にナローバンドUVB治療をおすすめいたします。
  • 従来の紫外線治療と比べて、発がん性の高い波長の光や治療効果の低い波長の光はカットされており、より効果が高く、副作用が少ない安全な治療です。
  • ナローバンドUVB療法はPUVA療法のようにソラレンを使わないため、治療後にサングラスや衣服で遮光する必要もなく、簡便で短時間でできる新しい治療法です。
  • 費用

    治療1回あたりにかかる患者様の費用負担額は健康保険3割負担の方は1,020円、1割負担の方は340円になります。


  • 関連ページ:アトピー性皮膚炎
  • 関連ページ:尋常性乾癬
  • 関連ページ:掌蹠膿疱症
  • 関連ページ:白斑(はくはん)
  • 白斑(はくはん)

    白斑は後天性の脱色素斑です。斑の形は木の葉状、類円形のものから不規則な地図状を示すものまで様々ですが、境界ははっきりとしています。また、髪の毛のある部分に症状が現れた場合は、その部分の毛が白髪になることが多いです。

    全身に現れ、対称性が見られる汎発型(非分節型)、1~数個の白斑が局所的に現れる限局型、皮ふの神経に沿って現れる分節型の3種類があります。
    伝染することはなく、命にかかわることもありませんが、原因がはっきりと分かっていないため、皮ふ病のなかでも最も治りにくい病気の一つと言われています。

  • 関連ページ:エキシマ光線療法(セラビーム)